ウィーン王宮オーケストラのウィーン・コンツェルトハウスにおけるコンサート

ウィーン王宮オーケストラは毎年、ウィーン・コンツェルトハウスのモーツァルト ホールでシュトラウスとモーツァルトのコンサートの数々を演奏します。

ウィーン・コンツェルトハウスは、1913年、リヒャルト・​シュトラウスのオーケストラとオルガンのための祝典前奏曲の杮落としとなり、ウィーン文化生活の最も伝統的な場所のひとつとなっています。コンサートホールは、音響の秀逸さを誇り、ありとあらゆる音楽ジャンルのインタープリタに高く評価されています。

ウィーン・コンツェルトハウスは、クラシック音楽の重要な作品のプレミアのロケーションのみならず、ヴィーナー・フェストヴォッヘンなど多数の音楽フェスティバルのロケーションです。

コンサートホール: モーツァルト ·ホール (Mozartsaal)

コンサート: シュトラウス&モーツァルトコンサート

バリアフリー, エアコン有り

モーツァルト ·ホール (Mozartsaal)

ウィーン・コンツェルトハウス のモーツァルト ·ホールは伝統とモダニズムを結合しています。

モーツァルト ·ホールは、桟敷とパルテールに分けられ、客席数全704、類のない音楽体験に必要な空間とともに、心置きない水入らずさをクラシック音楽に提供いたします。

更にモーツァルト ·ホールは、唯一無二の音響を世界的に誇っています。定期的に録音を行い、とりわけ先導的オーケストラやソリストを魅了しています。

留意事項

ウィーン・コンツェルトハウスの歴史

1890年にウィーンで、音楽祭の建物の設計が話題になった時、伝統的な楽友協会と違って大衆に対応する多目的建築が計画されました。

最初の案は建築家ルードヴィヒ・バウマンから提案されました。彼の「オリンピオン」はコンサートとスケート協会や自転車協会の広間を含み、屋外アレーナに4万人の観客の席を提供する計画でした。

しかし、このプランは実現せず、アイデアは残りました。コンツェルトハウスの設計は1911年に始まり、同ルードヴィヒ・バウマンは高名な劇場建築家フェルディナンド・フェルナーとヘルマン・ゴットリーブ・ヘルマーと一緒に計画し、3つの広間(大広間、モーツァルト・ホール、シューベルト・ホール)が同時に使用されてもお互いの演奏が邪魔しないように配置されました。

ウィーン・コンツェルトハウスの初期

始めからウィーン・コンツェルトハウスは文化上の目的と芸術上の使命が決められていました:「高尚な音楽を保護する場、芸術向上の視点から、音楽の家およびウィーンのための家であるように。

」この意味でコンツェルトハウスは1913年10月19日に皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の列席の下に、厳粛なコンサートでオープンされました。リヒャルト・シュトラウスはその際、「祝典前奏曲 作品61」を作曲し、最後にルードヴィヒ・ファン・ベートーベンの第九交響曲が響きました。

このようなプログラムの組み合わせ、いわゆる同時代の作品と過去の傑作を演奏することは、ウィーン・コンツェルトハウスに模範的な形を与えました:伝統を重視すると共に革新の楽しみ、と言う二つの原則は、現在まで2本の柱としてコンツェルトハウスの音楽の世界を 支え、芸術上のアイデンティティーを与えています。

戦間期のウィーン・コンツェルトハウス

戦間期の社会的変化や金融危機がコンツェルトハウスの芸術的特性に大きい影響を与え、ハウスは文化的多様性を提供するようになりました。この特性は現在の視点から見てハウスの方向を示したものでした。

クラシックのレパートリーを連続的に保護すると共に演目に20年代と30年代の重要な音楽の初演、ジャズ、流行歌のコンサート、または有名な著述家の朗読会、心霊信仰の講演、表現ダンスを含む講演、シンポジウム、会議、フェンシングやボクシングの世界大会が開催されました。

1938年から1945年の期間はウィーン・コンツェルトハウスにとっては文化的に貧しい時期でした。
ナチス独裁の否定的な圧力によってコンツェルトハウスはプロパガンダや娯楽の施設に利用され、以前に中心であった芸術的な内容が剥奪されました。

ウィーン・コンツェルトハウス:1945年以後の再出発¬

第二世界大戦後、コンツェルトハウスはオーストリアの音楽生活の復活と更新のために重要な役割を荷っていました。短い間にコンツェルトハウスはオーストリアの同時代の音楽にとって重要な演奏会場、国際的なジャズにとっての人気のあるウィーンの舞台になりました。

コンツェルトハウスが主導した講演シリーズは、ウィーンの文化生活に顕著なアクセントを与えました。それ以降、コンツェルトハウスは古い音楽、ジャズや新しい音楽を重視し、芸術的中心であるクラシック音楽の伝統と親和させています。

ウィーン・コンツェルトハウスの独特な雰囲気はインターナショナル音楽界のアーティストに魅力を与えています。そのほか、数多くの社会的イベント、舞踏会、会議、ディナー、会社のプレゼンテーションやパーティーに広間を提供しています。ウィーン・コンツェルトハウスはイベント分野のサービスを長い間行い、これは20年代から続いている伝統です。ウィーン・コンツェルトハウスのプログラムと多目的性は明らかに未来につながっています。

大幅に行われた総合改装 (1998-2001) によって伝統のある立派な建物は30世紀までの試練にも絶えられるでしょう。

アクセス–コンツェルトハウスウィーンへのアクセス

最寄りの地下鉄駅名はU4の「Stadtpark」(シュタットパーク)です。出口は「Stadtpark」(シュタットパーク)です。そこから、中央口まで約250mです。
路線2、71、Dの次の市電駅は「Schwarzenbergplatz」(シュバルツェ ンベルクプラッツ)です。そこから中央口まで徒歩約300mです。

お車をご利用の場合は、Schwarzenbergplatz 5, 1030 Wien(シュバルツェ ンベルクプラッツ5, 1030 ウィーン)に有料駐車場がございます。そこから、コンツェルトハウス まで徒歩約250mでございます。

ウィーンのタクシーは、市内中のスタンドまたは電話番号からアクセス可能です。 +43 1 31 300; +43 1 60 160; +43 1 40 100.

モーツァルト ·ホールにおけるコンサート

ウィーン・コンツェルトハウスのモーツァルト ·ホールで行われるウィーン王宮オーケストラの全コンサートはこちらからご覧いただけます。

イベント無し