Johann Strauss junior

ヨハン・シュトラウス

(1825 - 1899)

ヨハン・シュトラウスは1825年10月25日にウィーンに生まれました。父の名前もヨハンで、彼の家族は彼を「シャーニ」(ヨハンのオーストリアのあだ名)と呼んでいました。

父のヨハン・シュトラウスは友人ヨーゼフ・ランナーと共にワルツを現在の形に発展させ、息子が音楽家として道を歩むことに厳しく反対していました。父は息子には普通の市民の職業を考えていました。

しかし、母アンナは息子の才能を認め、彼を支持しました。そのことでシュトラウスが生涯母に感謝の気持ちを持っていました。

世界へ進出するキャリアの始まり

1844年10月15日は音楽の歴史に残るようになりました。当日、ヨハン・シュトラウスは父の賛成を持たず、自分のオーケストラと自分の作曲でヒーツィングのドームマイアー・カジノで初めて演奏しました。
観客は、満員ではちきれそうなホールでヨハン・シュトラウス・ジュニアによって感動させられ、アンコールが続き、ある作品は19回までも観客の熱望によって繰り返し演奏されました。
若いシュトラウスのデビューは正に輝かしい成功であり、新聞は次のように書きました:「おやすみ、ランナー!こんばんは、父シュトラウス!おはよう、息子シュトラウス!」

Strauss
Strauss

トップへの道

父と息子の間にウィーンの音楽界の優位の厳しい競争が始まり、息子のセンセーショナルな成功にも関わらず、父は大体において優位を保っていました。1846年に父に「k.k.(帝国兼王国)宮廷舞踏音楽監督」のタイトルが与えられました。

1848年に行進曲中の行進曲、「ラデッツキー行進曲」を作曲し、きっかけは82歳の元帥がクストッツァの戦いでイタリア人に勝利し、輝かしい帰還でありました。これはシュトラウス父の保守的スタンスと君主制に対する誠実を表わしたものです。
しかし、息子のヨハン・シュトラウスは1848年の革命に対する共感を隠さず、それは長い間王室の彼に対する不信感になっていました。

父親が1949年に他界し、息子はオーケストラを継承しました。父との競争がなくなり、全力で音楽に力を注ぐようになりあした。父親のタイトル「k.k.(帝国兼王国)宮廷舞踏音楽監督」を継ぐ願いは、最初は拒否されました。
しかし、王室は彼の音楽の魅力に逆らえず、1851年からはたびたび王宮で演奏することが許可されました。
1854年4月27日にフランツ・ヨーゼフと若い、後に「シシー女帝」として知られたバイエルン姫エリザベートの結婚式の際、ヨハン・シュトラウスは舞踏の間に開かれた大きい宮廷舞踏会を指揮しました。
「k.k.(帝国兼王国)宮廷舞踏音楽監督」のタイトルが授与されたのは1863年でした。
革命の年1848年に父シュトラウスは「ラデツキー行進曲」を作曲しました。

この最も有名な行進曲はウィーン・ニューイヤーコンサートの最後に演奏されているのは伝統です。

全世界はワルツに夢中

新しい踊りとうっとりしたワルツのメロディーは全世界の人気を手に入れました。ヨハン・シュトラウスと彼の兄弟の様々なツアーや催し物によってワルツは世界中に広がりました。ヨーロッパの境を越えて人々はワルツに夢中になりました。

1856年の夏にシュトラウスは初めてロシアに招かれ、有名なパヴロフスクのヴォクスホール・パビリオンにコンサートや舞踏会を指揮するようになりました。
彼の成功と人気はとても高く、1865年まで、10年間毎年夏にはパヴロフスクにスターとして歓迎されるようになりました。そこで得た収入は彼の将来の大きな財産の基盤になりました。

1872年の世界平和の祝賀会にシュトラウスはボストン市からアメリカに招待され、センセーショナルな演奏を披露しました。
100人の副指揮者と共に、シュトラウスは2万人の音楽家からなるオーケストラを10万人の観客の前で指揮しました。

ヨハン・シュトラウスと女性

美男でエレガントなコンサートマスターはもちろん女性の人気の的でしたが、彼が結婚を決意をしたのは37歳の年でした。

最初の妻、元オペラ歌手ヘンリエッテ・シャルぺッツキー(あだなはジェティー)は自信と気質のある世慣れた女性でした。彼女は特異な人生を過ごし、結婚の当時は44歳、ワルツ王より7歳年上でした。ヨハン・シュトラウスにとってこの結婚は大当たりでした。しかし、彼らの非常に幸せな結婚生活は1878年のジェッティーの死で終わりました。

ヨハンは孤独に耐えられず、妻の死後、すぐに彼より25歳若いリリーと結婚しまた。しかし、彼女にとって、落着きのない難しい音楽家との生活は無理になり、4年後に別れました。しかし、 離婚はカトリック教のオーストリアでは不可能でした。

シュトラウスは二度目の「人生の人」と会う幸運を得たのは26歳の未亡人アデーレと知り合った時でした。彼女と結婚するために5年間の同居生活の後にプロテスタント教会に改宗し 、プロテスタントのドイツ公爵領ザクセン =コーブルク =ゴータの国籍を受け取りました。こうして、一番有名なオーストリア人はドイツ国民になりました。

ヨハン・シュトラウスのドナウワルツァー

ジェッティーとの結婚生活の間にヨハン・シュトラウスは非公式のオーストリア国歌「美しき青きドナウ」を作曲しました。

ヨハン・シュトラウスは元々このメロディーをウィーン男性合唱団のための合唱曲として書きました。同曲は1867年2月15日にディアナ公衆浴場の広間で初演されました。広間は超満員で暑く、その上プログラムは非常に長かったが、それにも関わらず観客は感動し、即座にアンコールが要求されました。

このように、単に「ドナウワルツァー」として知られている曲は元々合唱曲として構想されたものです。
初演の直後にヨハン・シュトラウスはオーケストラ用の編曲を作り、同年に舞踏会やコンサートで大成功を収め、この曲は現在までワルツの代表曲となっています。

シュトラウスとオペレッタ

ヨハン・シュトラウスは長年オペレッタを作曲するのをためらっていました。それは自信がなかったためでした。しかし、彼はジェッティーにオペレッタを作曲するように迫られ、成功に導かれました: 1871年にアン・デァ・ウィーン劇場にシュトラウスの最初のオペレッタ「インディゴと40人の盗賊」が初演されました。満席の劇場の観客はうっとりし、ヨハン・シュトラウスは新しい分野を発見し愛するようになりました。その後、彼は不朽のオペレッタの数々を後世のために残すようになりました。

「こうもり」は世界中で最も多く演奏されるオペレッタになりました。初演は1874年のヨハン・シュトラウスの公的演奏活動の30周年の記念にアン・デァ・ウィーン劇場で行われました。歌のタイトル「忘れられる人は幸せ」は名言になった。

他のヨハン・シュトラウスの作品で現在まで人気のあるオペレッタは例えば「ヴェネチアの一夜」(1883年)やヨハンの60歳の誕生日の前夜に初演された「ジプシー男爵」(1885年)です。

ヨハン・シュトラウスの最後の言葉「別れねばならぬ」

ヨハン・シュトラウスは人生の夢を実現することができました:彼は自分と世界に彼が「真剣な」音楽も作曲できることを示したかった。1892年の正月に「騎士パーズマーン」のオペラがオペラ座で初演されました。: バレエ「シンデレラ」の草案は1898年の晩秋に完成されましたが、シュトラウスは作品の初演を経験することはできませんでした。

1899年の5月末にヨハン・シュトラウスは風邪を引き、胃腸に変調をきたしました。その後、肺炎をきたし、6月の始めに意識が混同しました。シュトラウスは間近に迫る死を感じたようです。なぜなら、彼の奥さんは彼が意識が戻った時に小さい声で「いとしい君、別れねばならぬ」のメロディーを口ずさむのを何度か聞いたからです。この最も有名な歌は別れと死を内容とし、シュトラウスの昔の音楽教師ヨゼフ・ドレヒスラーによって作曲されたものです。

6月3日の土曜日に彼は午後4時過ぎアデーレに抱かれて亡くなりました。
彼の最後の道はイーゲルガッセからアン・デァ・ウィーン劇場を通って、ドロテーアガッセのプロテスタント教会に着きました。その後、ホーフオーパーと楽友協会の建物を通って中央墓地に運ばれました。

シュトラウスの名誉墓はベートーベン、シューベルトやブラームスなどの他の音楽天才たちの近くにあります。