ホーフブルク王宮におけるクラシックコンサート

ウィーン王宮オーケストラは1971年に創立され、ホーフブルク王宮の華やかなホールにおいて数十年来定期的にクラシックコンサートを開催しています。1980年にウィーン王宮オーケストラ初のニューイヤーコンサートが祝祭の間で催されました。

ウィーン王宮オーケストラは、5月から10月にかけて、セレモニーの間で、ウィーン王宮オーケストラのシュトラウス& モーツァルト コンサートを開催します。12月25日、26日の伝統的クリスマスコンサートは、ホーフブルクの祝祭の間で行われます。

ホーフブルクは、13世紀からオーストリア·ハンガリー帝国の崩壊まで、ウィーンのハプスブルク家の邸宅でした。宗教目的で立てられなかった建物複合体としてはヨーロッパ最大規模のものです。

祝祭の間

大きい祝祭の間は、新しい謁見の間として設計され、
皇帝フランツ·ヨーゼフ1世の下に1908年に着手され1923年に完成されました。

画家シュラッムの印象的な天上の絵は皇帝フランツ・ヨーゼフ1世のモットー „Viribus Unitis“ 「力を合わせて」とオーストリアが大きな力を持って王座に就いているシーンを描いています。
真中の絵画はオーストリアを表わしています、周りに宗教、正義、勇敢さ、学問、芸術と農業のアレゴリーが描写されています。
画家ファイトの15個のルネッタにはハプスブルグ家の優れた君主たちが描かれています。
さらに、8角形のパネルには画家シュタウファーによる総司令官カール・フォン・ロートリンゲン、ポーランド国王ヨハン・ソビエスキー、サヴォイア公子オイゲン、オーストリア宰相カウニッツ公爵やメッテルニッヒ公爵が描かれています。

セレモニーホール

セレモニーホールは、1802年から1806年まで、皇帝フランツ1世の下、
宮廷建築家Ludwig Montoyer (ルートヴィッヒ·モントイア)により古典主義様式で建てられました。

豪奢な格子天上は当時流行っていた„stucco lustro“と呼ばれた人工大理石の24本の円柱によって支えられています。

式典の間はナポレオン1世が1810年に皇帝フランツ1世の娘、マリー・ルイーゼ大公妃に結婚を申し込んだ時に使用されました。1918年の君主制の末期まで、当広間は王座のある大広間として使用されました。ここに皇帝フランツ1世は多くの騎士を叙しました。

皇帝フランツ・ヨーゼフ1世(1830 – 1916)とエリザベートは毎年、聖木曜日に12人ずつの老男女計24人にイースターの洗足儀礼を行いました。

この儀礼は宗教的習慣や民間の敬意を表わし、君主夫妻の個人的な世話とふれあいとして実行されました。

式典の間では宮廷コンサートや舞踏会が開かれました。

皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と皇后エリザベートは、ここで「宮廷舞踏会」のような大きいな特別講演を開き、それは廷臣や貴族だけのものでした。

Wiener Hofburg - Eingang Michaeler Platz
留意事項

ホーフブルク王宮の歴史

ホーフブルク王宮は、以前の皇居でした。ホーフブルクの建物複合体はすべて13世紀から19世紀にかけて建てられました。

6世紀に亘る建築作業は、建物の風貌に大きく影響を与えました。さまざまな部分において、ゴシック、ルネサンス、バロックから、創立期の古典主義までの建築様式のすべてが認められます。

1918年までホーフブルクは、13世紀以来オーストリアとヨーロッパの歴史を動かしたハプスブルク家の邸宅でした。統治者はおよそ誰でも何かしらの部分は増築、改築ないし、自分や家族用に新築させてきました。

中世の要塞化されたお城を拠点として何世紀をも経て、24ヘクタール程の面積に巨大な治世の建物が出来上がっていったのでした。中核となった古いお城は今日まで残っています。

ウィーン王宮は、今日では、18のウィング、19の中庭、2600の部屋から成っています。美術館/博物館、庭の厩舎、フォルクスガーデンも加えれば、略50ヘクタールの全面積に及びます。

ホーフブルクには、いまだに、約5000名の人員が居住ないし働いています。全域は年間、約2千万人の訪問を受けています。

ホーフブルクは今日どのように利用されていますか。

ウィーン王宮は今日ではオーストリア大統領の公邸として使われています。

なお建物には数々の美術館/博物館、オーストリア国立図書館の最大部分、および連邦文化財局が組み込まれています。これらの構内では、会議、コンファレンス、ミーティング、見本市、舞踏会、宴会、コンサートに亘る、何百ものイベントが毎年開催されます。

1971年以来、ウィーン王宮オーケストラは、王宮の豪華なホールにおいて定期的に演奏をしております。ウィーン王宮オーケストラの公然たる目標は、ウィーンのワルツとオペレッタ音楽を培い、ウィーンクラシックの作品を世界に普及することであります。

ホーフブルクでは何を見学できますか。

ホーフブルクエリアには多数の美術館/博物館があります。
最も人気があるのは、シシィ 博物館皇帝の部屋Silverkammer(銀食器博物館)kaiserliche Schatzkammer (ウィーン王宮宝物館)です。更にホーフブルクには、世界で最も重要なグラフィックコレクションのひとつを提供する宮廷乗馬学校とアルベルティーナも属しています。

大きい騎馬像が2つあるHeldenplatz(ヘルデンプラッツ)から Amalienburg(アマーリエンブルク)と皇帝フランツ1世の記念碑を通過して Michaelerplatz(ミヒャエラープラッツ)までの散策もお奨めです。

リラックスには、公開パークとレストランが2箇所お奨めです。Heldenplatz(ヘルデンプラッツ)の南東にパルメンハウスで有名な王宮庭園(ブルクガルテン)があります。Heldenplatz(ヘルデンプラッツ)の北東に、シシィ 記念碑と薔薇の庭のあるフォルクスガーデンがあります。

そしてもちろん、ウィーン王宮オーケストラのコンサートの流れでは、豪華なセレモニーホールや祝祭の間をご覧いただくことも可能です。その素晴らしさにうっとりしてください!

アクセス– ホーフブルクへのアクセス

王宮へは地下鉄または市電がベストです。最寄り駅は、「Volkstheater」(フォルクステアター)です。出口は「Heldenplatz」(ヘルデンプラッツ)です。地下鉄のU2、U3、市電1、2、D、およびバス71の通過駅となっています。 そこからHeldenplatz(ヘルデンプラッツ)を渡って王宮の中央口まで約500mでございます。

お車をご利用の場合は、Museumsquartier am Museumsplatz 1, 1070 Wien(ムーゼウムスクアルティア アム ムーゼウムスプラッツ 1, 1070 ウィーン)に有料駐車場がございます。そこから、王宮まで約800mでございます。

ウィーンの王宮の中央口は、オーストリア国立図書館の横のHeldenplatz(ヘルデンプラッツ)と同じ場所にあります。

王宮内のコンサートへの入口がアンバサダー階段から行われる場合が稀にあります。この階段は、王宮の向い側にあり、Heldenplatz(ヘルデンプラッツ)から約200m離れており、やはりバリアフリーアクセス可能となっております。

ウィーンのタクシーは、市内中のスタンドまたは電話番号からアクセス可能です。+43 1 31 300; +43 1 60 160; +43 1 40 100

Wiener Hofburg Orchester klassische Konzerte Wien

日程 & チケット

ホーフブルク王宮で開催されるウィーン王宮オーケストラの全コンサートはこちらからご覧ください。

2021年12月

日付/時 イベント
25.12.2021
20:30 - 22:00
ホーフブルク王宮クリスマスコンサート
ホーフブルク王宮式場, Wien
26.12.2021
20:30 - 22:00
ホーフブルク王宮クリスマスコンサート
ホーフブルク王宮式場, Wien