delimiter image

国立歌劇場でモーツァルトとシュトラウスをお楽しみください。

ウィーン国立歌劇場は、世界で最も有名な歌劇場の一つで、ウィーンの最優秀オーケストラ連盟に属します。国際的に名高いオペラ歌手とバレエソリストと共に多数の構成員からなるウィーン王宮オーケストラが、ウィーン国立歌劇場内で、ウィーンクラシックのコンポジションを公演します。

ウィーン王宮オーケストラが ウィーン国立歌劇場内でコンサートを開くのは今回が初めてではありません。この格別なオーケストラは、すでに2018年5月に、クルト‧シュミットの指揮で、日本‧オーストリアフェスティバルコーラスとのコラボでベートーベンの交響曲第9番をベスト演奏し、大成功を収めました!

2019年は、ウィーン国立歌劇場の150周年記念にあたり、ウィーン王宮オーケストラが独自コンサートプログラムを初演する絶好のタイミングとなりました。ウィーン王宮オーケストラは、2019年8月13日、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト の重要な作品、ヨハン/ヨーゼフ‧シュトラウスの最も素晴らしいワルツ、フランツ・レハール ならびにエメリッヒ・カールマン の最も有名なアリアとデュエットを音楽の世界都市の有名な歌劇場で公演いたします!

「サンプルプログラム」
Wiener Staatsoper | 13. August 2019
timeline_pre_loader
Notenschlüssel in gold für die Wensite des Wiener Hofburg-Orchester

Johann Strauss

“Der Zigeunerbaron” – Ouverture

Franz Léhàr

“Dein ist mein ganzes Herz”
“Das Land des Lächelns”

Solist: Franz Supper

Josef Strauss

“Ohne Sorgen”- Polka schnell

Emmerich Kalman

“Heia, heia in den Bergen”
“Die Csárdásfürstin”

Solistin: Sera Gösch

Josef Strauss

“Delirien” – Walzer

Johann Strauss

“Eljen à Magyar” – Polka schnell
Ballett

Johann Strauss

“Im Krapfenwaldl” – Polka française

Johann Strauss

“Wiener Blut Duett”
Duett:
Sera Gösch,
Franz Supper

Johann Strauss

“Ägyptischer Marsch”

Johann Strauss

“Frühlingsstimmenwalzer”
Solistin: Eunsie Hong

Franz Léhàr

“Freunde, das Leben ist lebenswert”
“Giuditta”

Solist: Franz Supper

Franz Léhàr

 “Lippen schweigen”
“Die Lustige Witwe”

Duett:
Sera Gösch,
Franz Supper

Josef Strauss

“Feuerfest” – Polka française

Emmerich Kalman

 “Tanzen möcht ich”
“Die Csárdásfürstin”

Johann Strauss

“Im Feuerstrom der Reben”
“Die Fledermaus”

Solisten:
Sera Gösch,
Eunsie Hong,
Franz Supper

Johann Strauss

“An der schönen blauen Donau” – Walzer

Ballett

X