Hofburg Festsaal - Klassische Konzerte Wien - Vienna Concerts

Hofburg Festsaal

Hofburg Festsaal - Klassische Konzerte Wien - Vienna Concerts

Hofburg Festsaal

Hofburg Heldenplatz - Wien Konzerte - Vienna Concerts

Hofburg Heldenplatz

Hofburg Nationalbibliothek - Wien Klassische Konzerte - Concerts in Vienna

Hofburg Nationalbibliothek

Hofburg Zeremoniensaal - Wien Konzerte - Vienna Concerts

Hofburg Zeremoniensaal

Hofburg Josefsplatz - Klassische Strauss Mozart Konzerte Wien - Concerts Vienna

Hofburg Josefsplatz

Klassische Konzerte in Wien - Vienna Concerts - Strauss and Mozart

Konzerthaus Mozart Saal

Hofburg Festsaal - Klassische Konzerte Wien - Classical Concerts Vienna

Hofburg - Festsaal

Hofburg Festsaal - Klassische Konzerte Wien - Classical Concerts Vienna

Hofburg - Festsaal

Hofburg Redoutensaal - Klassische Konzerte Wien - Classical Concerts Vienna

Hofburg Redoutensaal

Hofburg Redoutensaal - Klassische Konzerte Wien - Classical Concerts Vienna

Hofburg Redoutensaal

Klassische Konzerte Wien - Classical concerts in Vienna - Hofburg

Hofburg Feststiege

 

ウィーン王宮とウィーンのコンツェルトハウス

ウィーン王宮の歴史

ウィーンの王宮は元は皇帝の宮殿でした。
建築は13世紀から19世紀の間になされました。
建設が600年かかったため、それは建築の外見に色々な特性を与えました。
部分によってゴシック、ルネッサンス、バロックから世紀末の擬古主義の建築様式が見えます。
王宮は1918年までハプスブルク家の宮殿でした。
ほとんどの君主が建物を部分的に拡大したり、変更したり自分や家族のために改装しました。

祝祭の間

控えの広間を通ると大きい祝祭の間に着きます。この広間の建設は皇帝フランツ・ヨーゼフ1世によって1908年に始まり、1923年に完成されました。
画家シュラッムの印象的な天上の絵は皇帝フランツ・ヨーゼフ1世のモットー „Viribus Unitis“ 「力を合わせて」とオーストリアが大きな力を持って王座に就いているシーンを描いています。
真中の絵画はオーストリアを表わしています、周りに宗教、正義、勇敢さ、学問、芸術と農業のアレゴリーが描写されています。
画家ファイトの15個のルネッタにはハプスブルグ家の優れた君主たちが描ています。
さらに、8角形のパネルには画家シュタウファーによる総司令官カール・フォン・ロートリンゲン、ポーランド国王ヨハン・ソビエスキー、サヴォイア公子オイゲン、オーストリア宰相カウニッツ公爵やメッテルニッヒ公爵が描かれています。

Map Hofburg Festsaal

式典の間

祝祭の間からわきの廊下を通り式典の間に着きます。この広間は1802年から1806年の間に皇帝フランツ1世の命により宮廷建築家のルードヴィヒ・モントイェーによって擬古主義の様式で建設されました。豪奢な格子天上は当時流行っていた„stucco lustro“と呼ばれた人工大理石の24本の円柱によって支えられています。
式典の間はナポレオン1世が1810年に皇帝フランツ1世の娘、マリー・ルイーゼ大公妃に結婚を申し込んだ時に使用されました。1918年の君主制の末期まで、当広間は王座のある大広間として使用されました。ここに皇帝フランツ1世は多くの騎士を叙しました。
皇帝フランツ・ヨーゼフ1世(1830 – 1916)とエリザベートは毎年、聖木曜日に12人ずつの老男女計24人にイースターの洗足儀礼を行いました。この儀礼は宗教的習慣や民間の敬意を表わし、君主夫妻の個人的な世話とふれあいとして実行されました。
式典の間では宮廷コンサートや舞踏会が開かれました。

皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と皇后エリザベートは、ここで「宮廷舞踏会」のような大きいな特別講演を開き、それは廷臣や貴族だけのものでした。

Map Hofburg Zeremoniensaal

舞踏の間

皇帝ヨーゼフ1世の命によって1705年に祝祭の広間として設計され、ここでは華やかなバロック・オペラが公演されました。皇后マリア・テレジアは1748年に王宮のこの部分をジャン・ニコラ・ジャドによって改装させました。祝祭の広間では多くのコンサートや舞踏会やヨーゼフ2世とイザべラ・フォン・パルマの豪華な結婚祝宴が開かれました。

ルードヴィヒ・ファン・ベートーヴェンの第8交響曲やフランツ・シューベルトの第8交響曲「未完成 」h-Moll はここで初演され、作曲家のヨーゼフ・シュトラウスやフランツ・リストは、このすばらしい広間でコンサートや様々な小さなモーツァルトのオペラを指揮しました。

1783年3月3日、謝肉祭(カーニバル)の月曜日にウィーンのこの舞踏の間で公式な仮面舞踏会が開かれ、休憩時間に、モーツァルトが自分で考え出した音楽付きのパントマイム「マスケラーデ」を演じました。

舞踏の間に行われた1790年の大公フランツとマリア・テレジアの結婚式ではアントニオ・サリエーリが祝宴の音楽を作曲しました。

1828年3月29日に有名なヴァイオリニスト、ニコロ・パガニーニが舞踏の大広間で演奏会を開きました。このヴァイオリンのヒーローの演奏には皇后、大公カール、大公妃ソフィーなどの最高の観客がいました。

オットー・ニコライは1842年3月28日に、ウィーン王宮の舞踏の大広間に「大コンサート」を指揮し、「宮廷オペラ劇場の全てのオーケストラ楽団員」によって演奏されました。この「フィルハーモニーのアカデミー」、これは元々のタイトルでしたが、これは正にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の誕生でした。

1992年の火災の後に内装はある部分はオリジナルの通りに、または部分的には当時のスタイルによって芸術的に改装され、そこにモダンな技術的な会議設備が整えられ、1998年に再開されました。舞踏の大広間は画家ヨーゼフ・ミクルが担当、彼はヴォルフガング・ホレガやマルクス・プラヘンスキーと共に50年代にオーストリアのアヴァンギャルドのメンバーとして「ゼスチックの絵画」を発展させまひた。舞踏の大広間の壁画にはミクルが好んだ作家、エリアス・カネッティ、ヨーハン・ネストロイやフェルディナンド・ライムンドのシーンを描きました。404 m² の大きさの天井画にはミクルはカール・クラウスの詩「青年期」より34節の詩節を手書きしていますが、これは観察者には見えません。

Map Hofburg Redoutensaal

ウィーン・コンツェルトハウスの歴史

ウィーン・コンツェルトハウス:全ての人のためのハウス

1890年にウィーンで、音楽祭の建物の設計が話題になった時、伝統的な楽友協会と違って大衆に対応する多目的建築が計画されました。

最初の案は建築家ルードヴィヒ・バウマンから提案されました。彼の「オリンピオン」はコンサートとスケート協会や自転車協会の広間を含み、屋外アレーナに4万人の観客の席を提供する計画でした。しかし、このプランは実現せず、アイデアは残りました。コンツェルトハウスの設計は1911年に始まり、同ルードヴィヒ・バウマンは高名な劇場建築家フェルディナンド・フェルナーとヘルマン・ゴットリーブ・ヘルマーと一緒に計画し、3つの広間(大広間、モーツァルト・ホール、シューベルト・ホール)が同時に使用されてもお互いの演奏が邪魔しないように配置されました。

Map Konzerthaus

ウィーン・コンツェルトハウスの初期

始めからウィーン・コンツェルトハウスは文化上の目的と芸術上の使命が決められていました:「高潔な音楽を保護する場、芸術向上の視点から、音楽の家およびウィーンのための家であるように。」この意味でコンツェルトハウスは1913年10月19日に皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の列席の下に、厳粛なコンサートでオープンされました。リヒャルト・シュトラウスはその際、「祝典前奏曲 作品61」を作曲し、最後にルードヴィヒ・ファン・ベートーベンの第九交響曲が響きました。このようなプログラムの組み合わせ、いわゆる同時代の作品と過去の傑作を演奏することは、ウィーン・コンツェルトハウスに模範的な形を与えました:伝統を重視すると共に革新の楽しみ、と言う二つの原則は、現在まで2本の柱としてコンツェルトハウスの音楽の世界を 支え、芸術上のアイデンティティーを与えています。

戦間期のウィーン・コンツェルトハウス

戦間期の社会的変化や金融危機がコンツェルトハウスの芸術的特性に大きい影響を与え、ハウスは文化的多様性を提供するようになりました。この特性は現在の視点から見てハウスの方向を示したものでした。

クラシックのレパートリーを連続的に保護すると共に演目に20年代と30年代の重要な音楽の初演、ジャズ、流行歌のコンサート、または有名な著述家の朗読会、心霊信仰の講演、表現ダンスを含む講演、シンポジウム、会議、フェンシングやボクシングの世界大会が開催されました。
1938年から1945年の期間はウィーン・コンツェルトハウスにとっては文化的に貧しい時期でした。

ナチス独裁の否定的な圧力によってコンツェルトハウスはプロパガンダや娯楽の施設に利用され、以前に中心であった芸術的な内容が剥奪されました。

ウィーン・コンツェルトハウス:1945年以後の再出発ュ

第二世界大戦後、コンツェルトハウスはオーストリアの音楽生活の復活と更新のために重要な役割を荷っていました。短い間にコンツェルトハウスはオーストリアの同時代の音楽にとって重要な演奏会場、国際的なジャズにとっての人気のあるウィーンの舞台になりました。

コンツェルトハウスが主導した講演シリーズは、ウィーンの文化生活に顕著なアクセントを与えました。それ以降、コンツェルトハウスは古音楽、ジャズや新音楽を重視し、芸術的中心であるクラシック音楽の伝統と親和させています。

ウィーン・コンツェルトハウスの独特な雰囲気はインターナショナル音楽界のアーティストに魅力を与えています。そのほか、数多くの社会的イベント、舞踏会、会議、ディナー、会社のプレゼンテーションやパーティーに広間を提供しています。ウィーン・コンツェルトハウスはイベント分野のサービスを長い間行い、これは20年代から続いている伝統です。ウィーン・コンツェルトハウスのプログラムと多目的性は明らかに未来につながっています。

大幅に行われた総合改装 (1998-2001) によって伝統のある立派な建物は30世紀までの試練にも絶えられるでしょう。

Wiener Musikverein

For further informations please click on the following link:

www.musikverein.at

Palais Liechtenstein

For further informations please click on the following link:

www.palaisliechtenstein.com

Brse Palais

For further informations please click on the following link:

www.palaisevents.at/wiener-boersensaele/